2022 Keep Going!
過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。 - アルベルト・アインシュタイン
その疑問、答えはここですぐに見つかるかもしれません。
私たちのメルマガは 80% を Tips 系のコンテンツにするよう努めています。それらを集約した場所がこのブログです。
現時点でのサポート規約およびその対象製品・バージョンについて一覧にまとめてあります。
Mac 用プロフェッショナルツールとクラウドツール
Mac でも Windows でも これがコンピュータの醍醐味
MICROMAT の取り組み
25 年間、常に Mac の健康に貢献し続ける Micromat
APFS サポート状況 https://www.micromat.com/apfs-support-status-13/
Micromat の APFS への取り組み
Mojave、または Catalina のサポートと APFS のサポートが同じことを意味すると結論付けることは理解できます。ただし、実際には、オペレーティング システムとファイル システムは別物です。オペレーティング システムは、さまざまな方法でドライブと対話するための「ウィンドウ」として機能しますが、ディスクを直接処理するための API はありません。
Apple の現在のドキュメントには、APFS ボリュームを最適化するためのツールを作成するための十分な情報が含まれていません。この件に関するこれまでのドキュメントの範囲は、APFS コンテナが最適化をサポートしているかどうかを示す NX_FEATURE_DEFRAG というラベルの付いた機能フラグです。
Apple がディスク上のデータを直接操作するための十分な情報を提供する追加のドキュメントをリリースした場合、最適化機能が *回転型* APFS ドライブで実現可能かどうかを調査します。従来の意味でのソリッド ステート ドライブでのデフラグはサポートされません。ソリッド ステート デバイスでデータを編成しても摩耗が増えるだけで、パフォーマンス上のメリットはありません。
同様に、ボリュームの再構築はボリューム構造に問題のある多くのドライブを修復できますが、ボリューム構造を再編成する完璧な再構築を実装するには、Apple の詳細なドキュメント提供が必要です。
Techtool Pro は低レベルの API を使用して、Mac OS 拡張ボリュームのテスト、修復、再構築、最適化を実現していることは注目に値します。しかしながら、APFS 用のそのような API はまだ存在せず、Apple が利用できるようにするかどうかも不明です。

Electronic Team シリーズ
クールなツールを開発し続ける Electronic Team, Inc.
Elmedia Player Pro(エルメディア プレイヤープロ)
再生やストリーミングのオプションを強化した、Mac用の多機能動画プレイヤーです。
CloudMounter(クラウドマウンター)
クラウドストレージを一括管理
Commander One(コマンダーワン)
デュアル領域ファイルマネージャ
Folx(フォルクス)
ダウンロードマネージャー
MacDroid
Android ファイル転送
act2 メルマガ購読
新製品や新バージョン、セールなどの情報をお届けします。
© 2019 act2, Inc.
お問合せは act2 ヘルプデスクへ:

https://support.act2.com/hc/ja/requests/new

※ 商品名・および社名は各社の商標または、登録商標です。
※ 製品の仕様および価格・名称は予告なく変更されることがあります。


Copyright © 2020 act2.com All rights reserved.