サーバの移行 | 移設ツール
WinServ
ウインサーブ

取り残されたローカルサーバをクラウドへ
手順はとても簡単3ステップ
ローカルサーバ
両サイドの管理者権限があれば、あとはGUI上で設定を選択するだけです。
クラウドへ移行
実例パターンのご紹介

Windows Sever 2003 / Sever 2008 はすでにMicrosoftのサポートが切れています。

サポートが切れると、ウイルス定義ファイルが更新されません。

サーバマシンの動作保証もなくなります。オフラインでご利用の場合でもマシン事態のスペックが低いため、大切なデータの損失につながる恐れがあります。


本製品を使用すると、すぐに新しいサーバへ移行できます。



現在のサーバの中でも最も古く、Microsoftのサポートも切れています。
移行の悩みを抱えているユーザも多いはず。
Server 2003お使いのユーザはSever 2003の移行に関するページをご覧ください。
この製品はあなたのお役に立てると信じています。

詳細ページへ

Sever 2008 新しい環境へ移行する方法
Sever 2008も、2020年1月にサポートが切れています。
お使いのユーザは、Sever 2008の移行方法のページをご覧ください。

とても簡単に別環境へ移行できます。

詳細ページへ

ローカルのサーバを
クラウドへ移行する方法
ITの進化は止まりません。
現在、中小企業でローカルサーバを管理しているユーザ様で、クラウドへ移行を検討中のお客様は、詳細ページをご覧ください。

詳細ページへ

Server 2016/Server 2019
移行方法
現在、Microsoftのサポートもある、
Server2016 or Server2019。
この2種類のサーバの移行方法を別ページにて紹介しています。


詳細ページへ
YouTubeの動画で移行手順を見てみましょう
埋め込みのYouTube動画を見るときは字幕ボタンをクリックしONにしてください。
次に設定ボタンをクリック、字幕自動翻訳の順に進めていただきます。
そこで日本語に設定してください。

WinServ の特徴

取り残されたローカルサーバをクラウドへ。

最新の環境へ移行できます。

WinServが必要なのはなぜ?

WinServは、アプリケーション、設定、プロファイル、共有、およびデータを1つのサーバーから別のサーバーに転送します。

これはアプリケーション汎用であるため、最初にソースサーバーで実行されているすべてのものをインストールする方法を誰も覚えていなくても、プロセスは機能します。

サーバ移行プロジェクトの大部分を自動化する方法を探している場合は、WinServが最適なツールです。


内容によっては移行の際、エンジニアが必要です。WinServは、ドライバー、DC / IIS / DNSなどのサーバの役割を転送せず、互換性のないアプリケーションを互換性のあるアプリケーションにすることはできません。ただし、これは主に Server2003 を処理する場合の懸念事項です。

ネイティブ移行

WinServはアプリケーション仮想化製品ではありません。実際に、実際のネイティブ移行を実行します。アプリケーションは、手動インストール後に取得するのと同じ方法で、新しいサーバにネイティブにインストールされます(もちろん、設定、データ、接続が適切に設定されています)。


このように、アプリの仮想化の制限の影響を受けず、アプリケーションを正常に実行でき、コンテナの作成やアプリのキャプチャのトラブルシューティングの準備時間なしで、スタック全体を一度に移行できます。

好きな場所へ移行できる

WinServは、物理から仮想(P2V、V2V、V2P)、あるクラウドスタックから別のクラウドスタック(Amazon、Azure、IBMなど)に、2003または2008から2016/2019(そしてもちろんサーバ2016からサーバ2019)に転送できます。 、32ビットから64ビットなど。


あるWindowsServerから別のWindowsServerに移行する必要があるときはいつでも、WinServを使用して移行できます。


価格

WinServ Product


移行するサーバマシン用のソフト

¥87,365 
(/1CPU 税込)
製品に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。

※ 商品名・および社名は各社の商標または、登録商標です。
※ 製品の仕様および価格・名称は予告なく変更されることがあります。


Copyright © 2020 act2.com All rights reserved.