Win Serv(ウィンサーブ)

サーバ移行の最強ツールWinServ


本製品は、移行元のサーバと移行先サーバにインストールするだけです。

移行の種類を設定すれば自動で移行が完了します。


アプリケーション、ユーザー情報、ファイルを簡単に移行できます。






下記に当てはまるお客様必見です。


①現在仮想化を進めているお客様

VDIターミナルサーバのOS移行時に便利です。


②APサーバやDBサーバをお使いのお客様

シトリックスのアップデートや移行に最適です。


③ローカルの古いファイルサーバに悩んでいるお客様

クラウドへの移行がオススメです。

WinServ 特徴

・取り残されたローカルサーバをクラウドへ

・2003 サーバを → 2019 サーバへお引っ越し

WinServが必要なのはなぜ?

WinServは、アプリケーション、設定、プロファイル、共有、およびデータを1つのサーバーから別のサーバーに転送します。

手動で行うと一番時間がかかり面倒なところです。


サーバ移行プロジェクトの大部分を自動化する方法を探している場合は、WinServが最適なツールです。


WinServは、ドライバー、サーバーの役割(DC、AD、IIS、DNS、DHCP)サーバの役割は転送しません。しかし、ほとんどの場合ADサーバを含め、Microsoft社から提供されている、移行ツールでADなどは別途移行しておけば、大きな問題になりません。

物理マシン、仮想マシンに関係なくインストールするだけ。

WinServを移行元のサーバと移行先のサーバに手動でインストールを行うだけ。


アプリケーション、設定、プロファイル、共有、およびデータが、自動で移行出来ます。



好きな場所へ移行できる

WinServは、物理から仮想(P2V、V2V、V2P)、クラウドから別のクラウド(Amazon、Azure、IBMなど)に、2003または2008から2016/2019(そしてもちろんサーバ2016からサーバ2019)に転送できます。

32ビットから64ビットなども、もちろん対応しています。




価格

WinServ Product


移行するサーバマシン用のソフト

¥87,365 
(/1CPU 税込)
製品に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。

※ 商品名・および社名は各社の商標または、登録商標です。
※ 製品の仕様および価格・名称は予告なく変更されることがあります。


Copyright © 2020 act2.com All rights reserved.